LAVAのエナジーヨガの内容と感想と消費カロリー

エナジーヨガはLAVA中級者以上が
常に夢中なので、いつもスタジオは満員御礼。

このヨガを完璧に
できるようにしたい!

と思うけど、きっと永遠に完成には
至らないであろうと思うほど難しい。

だけど楽しさが半端ないエナジーヨガ

あなたはエナジーにチャレンジする勇気はある?

とりあえず、
やってみよっか!

自身の活力を呼び覚ますヨガ。音と声の波動を感じながら、ツイストと立ちのバランスポーズで体内に生みだしたエネルギーを、ダイナミックな流れのある動きで、全身に巡らせていきます。レッスンが終わるころには、エネルギッシュになっている自分に気づくことでしょう。

LAVA公式サイトより
目次

エナジーヨガ基本情報

レッスン難易度
レッスン時間60分
主な効果全身にパワーがみなぎる
全身の引き締め効果
柔軟性UP
集中力が高まる
体験レッスン不可
私の好き度

流れる音楽に身をゆだねてるうちに、だんだん
追いつけないほどスピードアップしている

ように感じられる、流れるというより
走り抜けるようなイメージのヨガ。

心配しないで・・・
気がついたら終わってるからw

エナジーヨガの流れ

大まかな流れを書いてるけど、
左右や回数は割愛してるよ

STEP
ウォーミングアップ
  • オームの唱和
  • 瞑想

オームとは「聖音」。インドから伝わり今では
宗教や国境を越えて広く親しまれているもの。

日本語だと「オーム」という表記が一般的。

実は「A」と「U」と「M」という3つの音から
成り立っています。

「A」は創造「U」は維持
「M」は破壊を表現してるよ

全ての物事には、「始まり」があり、「継続している状態」があり、そして必ず「終わり」があるということらしいよ。

めっちゃ納得。

ちなみに、エナジーヨガで唱えるのは、「A」
と「M」だけなので想像してぶち壊すっていう

面白い状況!

だけど新しい何かを得るためには破壊を経て
一旦リセットすることが必要。

つまりここでいう破壊は「あなたに新しい風を取り込むため」に必要な儀式的な?

自分で書いてて、怪しいな・・・と思い始め
たけど、私自身は無宗教の人なのでご安心を。

でも歴史や経緯を知るのも面白いでしょ!?

STEP
寝ポーズ
  • 仰向けで手をバンザイ→手を体側へ
    同時に足の甲やカカトを前に押し出したり
  • 片足を胸に引き寄せて手をバンザイ
    →手を体側へ
  • ねじりのポーズ
  • 両足を天井へ上げる
  • ガス抜きのポーズ
STEP
四つ這い
  • 四つ這いでカカトを押し出すストレッチ
  • かんぬきの変形のポーズで腕を後ろから
    回して肩や背中をほぐす
  • トラのポーズ
  • 三日月のポーズ
  • チャイルドポーズ
  • ダウンドッグ
  • 前屈
  • 山のポーズ
STEP
立ちポーズ1
  • 足は腰幅でチェアポーズ・膝を曲げたり
    伸ばしたり
  • チェアポーズでキャット&カウ
  • 前屈しながらカカトを上げる
  • チェアポーズ
  • 前屈
  • プロペラのポーズ
  • トラのポーズ→チャトランガ
  • スリーレッグドッグ
  • 三日月のポーズ→ツイスト
  • そのまま後ろ足を伸ばしたり緩めたり
  • ダウンドッグ
  • チェアポーズ
  • チェアポーズでキャット&カウ
  • 山のポーズ
STEP
立ちポーズ2
  • 山のポーズ
  • 弓引くポーズ
  • 弓引くポーズ→片膝抱えてツイスト
  • 手足を前に戻し片膝をおでこに近づける
  • 手をワシのポーズでスクワット
  • ピラミッドのポーズ
  • ピラミッド→ツイスト
  • ダウンドッグ
  • ウォーリア1
  • ウォーリア2
  • サイドアングルでバインド
  • バインドのまま前屈→ツイスト
  • 前屈
  • スタンディングスプリット
    (両手は軸足のカカトを持つ)
  • 前屈の軸足のカカトを浮かせ反対の足を
    前に出して浮かせ手は胸前合掌
  • ねじりのポーズ
  • ワイルドシング
  • ダウンドッグ
  • 山のポーズ
STEP
立ちポーズ3
  • 山のポーズ
  • チェアポーズ
  • 前屈
  • プランク
  • チャトランガ
  • アップドッグ
  • ダウンドッグ
  • ウォーリア1
  • ウォーリア2
  • リバースウォーリア
  • 三角のポーズ
  • ハーフムーン
  • ウォーリア3
  • スタンディングスプリット
  • スリーレッグドッグ
  • ワイルドシング
  • スリーレッグドッグ
  • スリーピングスワン
  • 側屈
  • ダウンドッグ
  • チェアポーズ
  • 山のポーズ
STEP
座りポーズ
  • がっせき
  • 足を4の字にしてテーブルポーズ
  • ねじりのポーズ
  • 牛面のポーズで前屈
  • 前屈
STEP
クールダウン
  • 仰向けがっせきで橋のポーズ
  • ガス抜きのポーズ
  • 肩立ちのポーズで足はワシのポーズの
    ように絡める
  • スキのポーズ
  • ワニのポーズ
  • シャバーサナ

エナジーヨガが向いている人

  • ダイナミックにカラダを動かしたい人
  • 音楽とヨガの融合が好きな人
  • 難しくてもチャレンジしたい人
  • 気分爽快になりたい人

消費カロリー

せっかくヨガをするなら知りたくなるのが
自分の消費カロリー!

私はアップルウォッチで毎回計測しています。

それぞれ、スタジオでレッスンした時と、
うちヨガプラスで自宅でやった時

消費カロリーを載せています。

カロリー消費はもともとの身長・体重・
基礎代謝などで大きく変わるので

あくまでもチビの156cm・43〜44kgくらいの
筆者の内容なのでご了承ください。

スタジオ
室温16度・うちヨガ+

エナジーヨガの感想

スタジオ

エナジーヨガ音楽ヨガそこに居る人
みんなの一体感を感じて楽しめるヨガ

迫力を楽しみたいから
スタジオで受けたいヨガ!

最初はとにかく何が何だかわからないまま
終わっちゃったというのが本音。

初心者には勧めない。

ヨガ嫌いになる原因になりそう。

っていうか、私の感覚から言ったらヨガじゃなくてダンスでしょ!と思うので

地味に経験を積んでパワーヨガ中級が余裕に
なっても、エナジーの方が断然難しい(笑)

でも気がついたら、分からないのに
楽しかったからまた受けたいという矛盾。

なんて中毒性のある不思議な
レッスンなのかしら?

うちヨガ+

とにかく最初は練習のための練習?くらいに
思えるほど、何がなんだか分からない。

で練習できて良かったヨガ、
ベスト3に入るんじゃないか!?

何回やっても完璧に出来るようにならないヨガ。

もしや私の修行がまだまだ足りない!?と思い

エナジーヨガの完璧クリアを2023年の目標にしたくらいよ

を契約してる人は、絶対にエナジーはこっそり練習を積んでおくべき!

でエナジーを
受講する場合のデメリット

フローなのでキープ時間が長いポーズは少ない。

そうなるとでやる時に家が寒いと
カロリー消費も少ない。

頑張った割にカロリーは消費していなかったり
するのでダイエット目的ではなく

ポーズの流れを掴み細かい動きを流れの中で出来るようにしていくという目的でやると良いかな。

あわせて読みたい
LAVAの「うちヨガ+」の私の使い方&リアルな感想 相変わらずコロナが落ち着いていなかったり、仕事や家族との時間でなかなか自分だけの時間を 取るのって難しいですよね。 さらには、大学生なら学割で安くスタジオに通...

ダイエット目的でヨガをやってる方や、やっぱり常温ヨガよりもホットヨガが好きな方には、

このサウナスーツがあると消費カロリーが全然
違ってくるし発汗量もかなり変わるので

試してみる価値は大!

であった方が良いもう1つはやっぱり
ワイヤレスのイヤホン。

PCから音出してリビングでやってみたけど、
最先端のイヤホンは臨場感が一気にUPします!

AirPodsからの音の方が遥かにスタジオにいる
ような世界観に入り込めること間違いなし。

ワンポイントアドバイス

難しすぎてエナジーヨガを取得してるIRさんも
少ないからレッスンも少ないよね。

久々にやると忘れちゃってるので、毎回1から
出直す気分でやってたけど

が出来て
本当によかった!

陰でこっそり練習を
重ねるしかない!

とか、偉そうに書いてますが、いまだに両手で
カカトを持つスタンディングスプリット

できません。

ゆっくりだったら出来るけど、あの流れの中で
そのポーズ?って考えてる間に

次のポーズになっちゃってる周りの風景。

おかしいなぁ・・・。

スタジオで開花するために
日々頑張る!

あ、あと、オームの唱和は最初は絶対に
ドン引きするんじゃないかな?

私自身、おーい大丈夫か!?と思いました。

説明で意味を書きましたがLAVAのレッスンで
声を出すのは何の問題もありません。

2回目からは普通に出来ましたw

さて、何歳になっても言い訳せずに美Bodyを
保てるように目標を持って頑張っていこうよ、
一緒に!

あわせて読みたい
LAVAもカルドも通った筆者の『ロイブ』のリアルな口コミ 実は私が2番目に行ったヨガがホットヨガ業界で3番目に大きいロイブ ここで少し、私のヨガ歴を紹介しておきます。 ホットヨガの でヨガにハマり、その後 に通い 最終的に...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次